MENU

このジェネリックの日本普及の率は、欧米などの国外に比べてとっても矮小のが現状。しかしながら、医療費を削減するという優れた点があるため、日本でも現在、厚生労働省主導でジェネリック医薬品(後発品)の普及が進められています。

 

なので、おなじ主成分を含んだ医薬品となります。もしかやりたら、偽造品を販売されてるなんて事もあるかも知れないのデス。

 

この理由として、安定供給がかなりむずかしいというジェネリック医薬品メーカーの問題とジェネリック医薬品に対する医師・薬剤師の信頼不足の二つがあるようです。モデルとなる先発の製品と成分が同一であるため、副作用などに関る服用上の注意に関してもおなじとなります。

 

また、コチラの薬は個人での取引となってしまうため、きちんととした知識がなければ非常に危険です。ジェネリックは別名、後発医薬品と呼ばれており、成分そのものやその製造の方法を対象にする特許権が消滅した先発医薬品について、特許権者ではなかった医薬品メーカーがその特許の内容をつかって製造をした薬の事をいいます。